「民主主義」と「独裁主義」のメリット・デメリット

しょぼん

このページでは、

「民主主義」と「独裁主義」のメリット・デメリットについて紹介するよ。

「民主主義」とは?
「独裁主義」とは?

しょぼん

それぞれどういう意味だっけ?

モナー

それぞれの意味についてザックリ↓の通りだよ。

民主主義・・・「みんなで決めよう」という考え
・独裁主義・・・「優秀な人が1人で決めよう」という考え

詳しくはリンク先を見てね。

「民主主義」と「独裁主義」の
メリット・デメリット

しょぼん

「民主主義」と「独裁主義」のメリット・デメリットについて教えて。

モナー

次の表にまとめてみたよ。

:メリット
:デメリット
△:どちらとも言えない

  民主主義 独裁主義
平等?

国民みんなで決めるので平等

独裁者が1人で決めるので不平等

意思決定が早い?

みんなで「こうしよう」と話し合わないといけないので、決定するまでが遅い

話し合う必要がなく、独裁者が「こうしよう」と決めるだけなので、決定するまでが早い

足の引っ張り合いがない?

みんなが「こうしよう」と意見を通すために、お互いに足を引っ張り合いがちになる

独裁者が「こうしよう」と決めるだけなので、足の引っ張り合いがない

良い案が出やすい?

いろいろな人の意見が出るので、”ダメな案”も出やすいが、”良い案”も出やすい

独裁者の考えしか反映されないので、多種多様な案が生まれにくく、”良い案”もそれほど出ない

(「1人の考えは10,000人の集合知には勝てない」という風な意味)

良い案の決まりやすいさ

国民は基本的にバカであるため、目先の利益ばかりを優先する。なので”マシな案”は決まりやすいが、”良い案”は決まりにくい

・独裁者がバカなら”ダメな案”ばかり決まりやすい

・独裁者が優秀なら”良い案”が決まりやすい

国民の知識レベルに影響されない?

民主主義は「国民みんなで考える主義」なので、国民がバカだと悲惨なことになる

(極端な話、国民が全員サル並の知能だとしたら、ダーツで案を決めてるのと変わらない)

国民がバカだとしても、独裁者が優秀なら問題ない

(なので、開発途上国などの「国民の知識レベルが低い国」ではメリットとなる)

国の方向性は?

国民の多数派の意見が、その国の方向性を左右する

独裁者の考えが、その国の方向性を左右する

(例えば「他国の領土を奪おう!」というような考えを持っている人が決めると、戦争ばかりする国になってしまう)

権力が暴走しない?

暴走した場合、暴走した議員を選挙で落とせば良いので、暴走は防げる

暴走した場合、独裁者を止める方法がない

(クーデターなどの暴力的な方法でしか止められない)

言論統制などがない?

民主主義では、言論や思想が自由でないと話し合えないので、すべて自由

独裁者によっては、「言論の自由は禁止だ!」となったりする

(「違反した者は処刑だ!」という風な恐怖政治となる可能性がある)

しょぼん

独裁主義って、デメリットしかないと思っていたけど、メリットもあるんだね。

モナー

うん。

国民の知識レベルがすごく低い国とかだと、賢い人が「こうしよう!」って主導した方が良かったりするからね。

しょぼん

結局、どっちの方が優れているのかな?

モナー

それは何とも言えないね。

指導者がすごく優秀で、その指導者の次の指導者もずーーーっと優秀な人がやり続けるなら「独裁主義」の方が良いかもしれない。

でも、これまでの世界の歴史から言って、そんなことはあり得ないから、やっぱり「民主主義」の方が良いのかもしれないね。

モナー

まぁ何にせよ、「独裁主義」であれ「民主主義」であれ、正しい判断に基づいて政治をすれば、それは良い政治と言えるんじゃないかな。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク