税金とは?集める目的と必要性

しょぼん

このページでは、

「税金ってなに?」って人向けに、税金について紹介するよ!

税金とは?

しょぼん

税金ってなに?

モナー

かんたんに言うと、

「みんなでお金を出し合って、良い社会を作っていこうよ!」という目的で集められるお金のことだよ。

税金をおさめることを「納税する」と呼ぶよ。

しょぼん

じゃあ僕が、スーパーで100円のお菓子を買って、8円の「消費税」を納めたら、「納税した」ということになるの?

モナー

うん。

君も立派な「納税者」だよ。

税金の目的

しょぼん

なんで、

「みんなで平等にお金を出し合う」=「良い社会を作る」ということにつながるの?

どういう理屈なの?

モナー

税金を集める目的は、主に次の2つなんだけど、

  1. 公共財(道路、橋、公園、水道、市役所のサービス、救急車 など)を供給するため
  2. 富を再分配をするため

この2つのことを行なうと、「良い社会を作る」ということにつながるんだ。

詳しく見ていこうか。

1.公共財を供給するため

モナー

僕たちは大人になると、生きていくために働いて、お金を稼がないといけないよね。

しょぼん

うん。

お金がないと食べものさえ買えないからね。

モナー

でも、生活をより安全に、より便利にするためには、個人ではとうてい支払えない出費が必要になってくるよね?

しょぼん

例えばどういうの?

モナー

分かりやすい例で言うと、橋を作ったり、道路をつくったりだね。

自分で「橋を作りたい!」と思っても、自分のお金だけではとうてい作れないでしょ?

しょぼん

うん。

モナー

だから、「橋を作りたい!」と思ったときに、「橋を作る専門業者への支払いや材料費をみんなで出し合おう!」という考えになるよね?

そういう「みんなが使うモノ」を作るために、税金は使われているんだ。

しょぼん

なるほど。

モナー

あと、「自分の家が火事になった!」ってときに、自分で消防車とか消防士を手配して、お金を払ったりするわけにもいかないでしょ?

そういう「みんなが使うサービス」を維持するためにも、税金は使われているんだ。

しょぼん

なるほど。

みんなで使うモノ・サービス(公共財)をつくったりするのに、税金は必要なんだね。

2.富の再分配をするため

しょぼん

「富の再分配をする」って、

「お金持ちからいっぱいお金を集めて、貧乏人に配る」ってこと?

モナー

そうだよ。

しょぼん

なんでそんなことする必要があるの?

モナー

日本は「資本主義」と言って、「頑張る人はどんどん稼いじゃってOKだよ!!」というルールになってるんだ。

しょぼん

うん。

モナー

でも「資本主義」では、「お金持ちはどんどんお金持ちになっていき、貧乏人はどんどん貧乏になっていく」ということがしばしば起こってしまうんだ。

しょぼん

なんでそんなことが起こるの?

モナー

例えば極端な話、

お金を1000億円持っていれば、銀行に1000億円を預けておくだけで、年に○○○○万円ものお金(利息)をもらえたりするんだ。※1

だから、お金を持っている人は、どんどんお金持ちになっていってしまう。

しょぼん

なにそれズルい!

モナー

ズルいけど、それが「資本主義」ってやつだからね。

だから、「資本主義」では、「お金持ち」と「貧乏人」の”格差”が広がっていく。

そうした”格差”をうめるために、税金は役立つんだ。

しょぼん

税金でどうやって”格差”をなくすの?

モナー

「お金持ちからはたくさん税金を取る!」
「貧乏人からは少ししか税金を取らない!」

という風にすることで、”格差”の広がりを”おさえる”ようにしているよ。

”格差”を”なくす”ことはできないけどね。

ぶーん

むしろ、”格差”は全世界で広がりつつあるお!

参考:世界から格差がなくならない本当の理由 (SB新書) 新書(Amazon)

しょぼん

「お金持ちからたくさん税金をとっている」ということはわかったよ。

でもそれじゃ、「貧乏人にお金を配る」ということにはならなくない?

モナー

そんなことないよ。

例えば、「公共財」から受けている恩恵を「10」だとして、

自分が払っている税金に値する恩恵を「2」だとした場合。

「貧乏人にも富を再分配している」ということになるでしょ?

自分が払っている税金以上に、恩恵を受けているわけだからね。

しょぼん

なるほど。

ぶーん

ちなみに、「勤労世代の5人に2人は、納税で社会に貢献するどころか、稼ぎが悪くて社会のお荷物になっている」というデータもあるらしいお!

ソース:「税金で高齢者を支えている」と思ったら大間違い。実は勤労世代も5人に2人は逆に社会に支えられている

もし税金がなかったら?

しょぼん

もし、税金がない世界だとどうなるの?

モナー

次のようなことが考えられるね。

  • 新しい公共財がつくられない
  • すでにある公共財が有料になる
  • 格差が広がり、社会が不安定になる

つまり、具体的にどのようなことが起こると思う?

しょぼん

んー・・・。

「橋がほしい!」と思っても、作れなかったりするし、

  • 「警察を呼ぶのに1回20万円」
  • 「救急車を呼ぶのに1回10万円」
  • 「ゴミ収集で回収してもらうのに1回1,000円」

とかいうことになるかも・・?

モナー

そうだね。

あと、税金がなくなると、「格差の広がりをおさえる」という役目を果たせなくなるから、格差がどんどん広がって、社会が不安定になるね。

しょぼん

なんで格差が広がると社会が不安定になるの?

モナー

例えば、日本中が「住む場所がない!明日のご飯を買う金もない!」みたいな人だらけになったらどうなると思う?

しょぼん

犯罪がおこりやすくなる・・?

モナー

そう。

”格差”が広がると、極端な話、スラム街みたいな物騒な世の中になってしまうかもしれないんだ。

すると、外出する人が少なくなるよね?

すると、モノが売れないから不況になるよね?

すると、みんな給料が少なくなって貧乏になるよね?

でも、お金持ちだけはお金があるから、ますますお金持ちになるよね?

すると、ますます格差が広がるよね?

※最初に戻る

っていう風な「負のスパイラル」に入ってしまうんだ。※2

ケニアのスラム街
しょぼん

そうなんだ。

税金のおかげで、安全な社会が保たれているんだね。

まとめ

モナー

というわけで、ここまで読んでくれた人には分かってもらえたと思うけど、

「みんなで平等にお金を出し合う(税金)」=「良い社会を作る」

ということにつながるわけだね。

しょぼん

「税金なんてクソくらえ」って思っている人が多いけど、税金は、良い社会を作っていく上で、かかせない存在なんだね。

モナー

うん。

まぁ僕も「税金なんてクソくらえ」と思ってるけどね。

おわり

※1:年利0.02%の場合
※2:分かりやすくするためにすごくザックリした説明にしています。なので正確にいうと色々と違っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク