衆議院の優越とは?3分の2以上の賛成との関係は?

しょぼん

このページでは、「衆議院の優越」について紹介するよ。

「衆議院の優越」とは?

しょぼん

「衆議院の優越ゆうえつってなに?

モナー

かんたんに言うと、「参議院の意見より、衆議院の意見を優先しましょう」という国会でのルールのことだよ。

具体例

しょぼん

具体的にはどういう場合に優先されるの?

モナー

例えば、次のような議決のときだよ。

  1. 法律を決めるとき
  2. 予算を決めるとき
  3. 内閣総理大臣を決めるとき
  4. 条約を承認するとき

ぶーん

議決」・・・みんなで話し合って「可決」か「否決」か決めることだお!

しょぼん

じゃあ、次のようになるってこと?

(・∀・):衆議院
(・A・):参議院

1.法律を決めるとき

(・∀・)「こんな法律を作ります」
(・A・)「こんな法律ダメだ!!」

⇒衆議院の議決が優先されるので可決

2.予算を決めるとき

(・∀・)「予算はこれでOKです」
(・A・)「こんな予算ダメだ!!」

⇒衆議院の議決が優先されるので可決

3.内閣総理大臣を決めるとき

(・∀・)「内閣総理大臣は○○さんが良い」
(・A・)「内閣総理大臣は▲▲さんが良い」

⇒衆議院の議決が優先されるので○○さんに決まり

4.条約を承認するとき

(・∀・)「その条約、承認します」
(・A・)「そんな条約、承認するわけにはいかん!!」

⇒衆議院の議決が優先されるので承認

モナー

うん。

まぁ簡単に言えばそういうこと。

もっと詳しく

しょぼん

うーん、具体例を知りたいから、

「法律」を作るときの「衆議院の優越」について詳しく教えて!

モナー

「法律」を作るときは、ザックリ言うと、

 

「衆議院」で過半数の賛成

「参議院」で過半数の賛成

 

という風に「衆議院」と「参議院」のそれぞれで過半数の賛成が必でしょ?

しょぼん

うん。

モナー

でも、「参議院」の方で「こんな法律を作らせるわけにはいかない!!」と「否決」された場合でも、

その後でもう1度、「衆議院」で3分の2以上の賛成があれば「法律を作って良いよ!!」ってことになってるんだ。

しょぼん

それが、法律を作るときに適用される「衆議院の優越」なんだね。

衆議院が優先されるのはなぜ?

しょぼん

なんで「衆議院」の意見の方が優先されるの?

モナー

理由は次の3つだと言われているよ。

  1. 任期が短いから
  2. 解散があるから
  3. 人数が多いから

しょぼん

「任期が短いから」ってどういうこと?

モナー

それぞれの任期は、次のように違うんだ。

  • 衆議院:4年
  • 参議院:6年

だから、「衆議院の方が優先すべきだよね」ってことだよ。

しょぼん

なんで任期が短い方を優先すべきなの?

モナー

例えば、極端な話、50年前に選ばれた議員が「最近の世論を反映してるか?」って言われてもそうは思えないでしょ?

つまり、

 

短い間隔で選挙で選ばれる「衆議院」の方が国民の意見(世論)を反映しているはず!

だから「衆議院」の意見を優先すべき!

 

という理由だよ。

しょぼん

あー、なるほど・・。

じゃあ次に、「解散があるから」ってどういうこと?

モナー

「衆議院」は、内閣総理大臣が「お前らのことが気に入らん!! だから解散する!!」って言えば、衆議院のメンバーを全員クビにできちゃうんだ。※1

だから実質、「衆議院」は「4年」という任期より、さらに短い任期なんだよ。

ぶーん

※「衆議院」は平均すると「2年半」くらいの任期で終わるようだお!(ソース

モナー

というか、任期を満了できたことの方が少ないしね。

しょぼん

4年間クビにならない確率より、4年以内にクビにされちゃう確率の方が高いってことか・・。

モナー

そう。

だから、

 

「衆議院」のメンバーは、しょっちゅう変わる

せめて「衆議院」の意見を優先させてあげようよ!

 

ってことだね。

しょぼん

「衆議院」の議員は大変だね・・。

じゃあ次に、「人数が多いから」ってどういうこと?

モナー

それぞれの人数は、次のように違うんだ。

  • 衆議院:475人
  • 参議院:242人

だから、「人数が多い方の意見を優先すべきだよね」ってことだよ。

しょぼん

なんで、人数を多い方を優先すべきなの?

モナー

「国会議員」=「国民の代表」なわけだから、「たくさんの国会議員で話し合ったほうが、より多くの国民の意見を取り入れられるよね!!」っていう理屈だよ。

例えば、極端な話、10人で出した結論より、100,000人で出した結論の方が納得できるでしょ?

しょぼん

なるほど。

根拠は?

しょぼん

「衆議院の優越」の根拠はなに?

モナー

日本国憲法に根拠が書いてるよ。

法律↓

第59条  法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。
○2  衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。

予算↓

第60条 予算は、さきに衆議院に提出しなければならない。
2 予算について、参議院で衆議院と異なつた議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は参議院が、衆議院の可決した予算を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて30日以内に、議決しないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

条約↓

第61条 条約の締結に必要な国会の承認については、前条第2項の規定を準用する。

内閣総理大臣↓

第67条 内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する。この指名は、他のすべての案件に先だつて、これを行ふ。
2 衆議院と参議院とが異なつた指名の議決をした場合に、法律の定めるところにより、両議院の協議会を開いても意見が一致しないとき、又は衆議院が指名の議決をした後、国会休会中の期間を除いて10日以内に、参議院が、指名の議決をしないときは、衆議院の議決を国会の議決とする。

引用:日本国憲法

議席数

モナー

「衆議院」の「自民党」の議席数を見れば、「衆議院の優越」を意識してるんだなぁ~ということが分かるよ。

しょぼん

どういうこと?

モナー

「衆議院の優越」という権利を使えば、法律を作るとき、「参議院」で否決されても、「衆議院」で3分の2以上の賛成があれば、法律がつくれちゃうでしょ?

だから、「自民党」としては、「衆議院で3分の2以上の議席を確保したい!!」って必死なんだ。

しょぼん

そうなの?

モナー

うん。

でも、残念ながら、2014年の衆議院選挙↓では「3分の2以上の議席」を確保できなかったんだけどね。

▲衆議院の議席数(2017年4月現在)
(引用:衆議院 – Wikipedia

  • 「衆議院」で3分の2以上を取るためには「317」議席が必要だった。
しょぼん

あ。

もしかして、「公明党」と「連立政権」を組んでるのって、次↓のような理由からなの?

自民党「衆議院で3分の2以上の議席を確保したい!!(`・ω・´)」

自民党「でも自民党だけでは議席が足りなかった(´;ω;`)」

自民党「仕方ない・・、公明党とタッグを組むか・・(´・ω・`)」

モナー

そうだよ。

「自民党」が「公明党」と「連立政権」を組んでいるのは
「衆議院」で「3分の2以上の議席」を確保するため
なんだよ。

 

おわり

 

※1:「内閣不信任案」が可決された時と「内閣信任案」が否決された時に、内閣総理大臣は「お前らのことが気に入らん!! だから解散する!!」という権利を実行できます

コメント