司法とは?

しょぼん
しょぼん

このページでは

  • 立法
  • 司法
  • 行政

のうち、司法について紹介するよ。

司法とは?

しょぼん
しょぼん

司法ってなに?

モナー
モナー

一言で言うと

法律を破った人を「お前は法律を破ったな!?」と言ってさばく組織のこと

だよ。

しょぼん
しょぼん

裁くってどういうこと?

モナー
モナー

裁くというのは

「この人は○○という法律をやぶったんですね」(事実の確定)

「では、その罪に応じた△△という罰を与えることにします」(刑罰の確定)

みたいな意味だよ。

警察 →捕まえる 司法 →裁く

モナー
モナー

勘違いしがちだけど

警察に逮捕された時点では、罪が確定したわけじゃないのでその人は犯罪者じゃないんだよ。

しょぼん
しょぼん

そうなの?

モナー
モナー

うん。

警察はあくまで「法律を犯したと思われる人」(マスコミでは「容疑者」と呼びます)を捕まえて

  • 「こいつは人を殺した疑いがある!」
  • 「ほら見て?証拠もそろってるでしょ?」
  • 「なので裁いてください!」

と言って司法に差し出すまでが仕事だからね。

(厳密に言うと警察→検察→司法という流れで差し出すのが正確なのですが、ここでは割愛します)

モナー
モナー

司法はそれに対して

  • 「たしかに証拠が揃っているし、この人が殺したんだね」
  • 「じゃあこの人にそれ相応の罰を与えよう」

と言って裁くのが仕事。

裁かれて有罪になった時点で「犯罪者」になるんだよ。

しょぼん
しょぼん

じゃあ

テレビニュースとかで「○○容疑者が~」とか報道されている時点では、その人が犯人と決まったわけじゃない

ということか。

モナー
モナー

うん。

でも、「○○容疑者が~」と報道されているということは「十中八九こいつがやったんだ!」という確証があるから警察が情報を公開しているわけで、報道されている時点で犯人である可能性は高いけどね。

もちろん、犯人ではない可能性もあるけど。

参考「容疑者」=「犯人」ではないという当たり前の話(外部サイト)

司法の担当 →裁判所

モナー
モナー

というわけで、法律を破った人を「お前は法律を破ったな!?」と言って裁く組織のことを「司法」と呼ぶわけだけど

実際に国から司法の仕事を任されているのが「裁判所」なんだ。

しょぼん
しょぼん

裁判所なら僕も知ってるよ。

検察官が「こいつは有罪だ!」と訴えて、
弁護士が「いやいやそれ違いますよ!」みたいに弁護して、
裁判官がそのやり取りを見て「じゃあ死刑にします!」みたいに裁く。

みたいなことをするんだよね?

モナー
モナー

うん。大体そんな感じだよ。

ちなみに、裁判で訴えられた人のことを「被告人ひこくにん」と呼ぶよ。

日本の裁判 →三審制

モナー
モナー

日本の裁判では、判決に 納得できない場合はさらに2回だけ「もう1回裁判してください!」って上訴じょうそできる制度になってるんだけど

この制度のことを三審制さんしんせいと呼ぶよ。

モナー
モナー

また、1回目・2回目・3回目の裁判をそれぞれ

  • 第1審
  • 第2審
  • 第3審(最終審とも言う)

と呼ぶよ。

しょぼん
しょぼん

無実の罪で訴えられた場合で、有罪の判決を受けたとしても2回まで「もう1回裁判してください!」って言えるのか。

少しだけ安心できるね。

モナー
モナー

うん。

でも逆に、第1審で無罪だったとしても、検察側が「こいつは有罪のはず!だから上訴してやる!」と言って上訴される可能性もあるけどね。

裁判所→ 5種類ある

モナー
モナー

効率よく裁判をするために、日本には以下の5種類の裁判所があるよ。

  • 地方裁判所
    • 通称「地裁ちさい
    • おもに第1審を担当する
    • 判決に納得できない場合は高等裁判所に上訴できる
    • 全国253ヶ所に設置されている 
  • 高等裁判所
    • 通称「高裁こうさい
    • おもに第2審を担当する
    • 判決に納得できない場合は最高裁判所に上訴できる
    • 全国8ヶ所に設置されている 
  • 最高裁判所
    • 通称「最高裁さいこうさい
    • おもに第3審を担当する
    • 判決に納得できない場合は、証拠がある場合のみ「もう1回裁判おねがいします」と言える
    • 全国1ヶ所だけ設置されている 
  • 簡易裁判所
    • 通称「簡裁かんさい
    • そんなに重大ではない事件をおもに扱う
    • 判決に納得できない場合は地方裁判所に訴えることができる
    • 全国438ヶ所に設置されている 
  • 家庭裁判所
    • 通称「家裁かさい」。
    • 家庭に関係する事件をおもに扱う
    • 全国253ヶ所に設置されている(地方裁判所と同じ場所にある)

 

しょぼん
しょぼん

いろんな裁判所があるんだね。

モナー
モナー

うん。

特に最高裁判所の判決は、「判例」として使用されることが多いから特に重要だよ。

しょぼん
しょぼん

判例として使用されるってどういうこと?

モナー
モナー

例えば

「こういう事件を起こした被告人は以前、最高裁で死刑判決を受けていたので地裁でも死刑判決にしよう!」

みたいな感じで、最高裁の判決を参考にして裁かれることが多いんだ。

だから最高裁の判決は特に重要だよって話。

司法 → 「憲法に反していないか」もチェックする

モナー
モナー

司法は

法律を破った人を「お前は法律を破ったな!?」と言ってく組織のこと

と言ったけど、司法にはもう一つ重要な役割があるんだ。

モナー
モナー

それは「法律が憲法に反していないか?」をチェックすることだよ。

しょぼん
しょぼん

憲法って「国を縛るためのルール」だったっけ・・?

参考「憲法」と「法律」の違い

モナー
モナー

うん。

「みんなが生活するためにはルールが必要だよね」という理由で、法律という名のルールがたくさん作られているわけだけど

そのルール自体がそもそもめちゃくちゃなルールだったら「司法の意味ないじゃん」ってなるよね。

なので「”ルールを作る人に好き勝手させないルール”も必要だよね」ということで憲法があるんだよ。

モナー
モナー

というわけで本題に戻るけど

司法には

「法律が憲法に反していないか?」をチェックして、憲法に反していた場合は、法律を作った人(国会)に「憲法に反してるじゃないか!法律を作り直せ!」と要求しなければならない

という重大な仕事もあるってことだね。

 

 

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました