三権分立とは?

しょぼん
しょぼん

このページでは、「三権分立さんけんぶんりつ」について紹介するよ。

三権分立とは?

しょぼん
しょぼん

三権分立ってなに?

モナー
モナー

一言で言うなら、次の図のことだよ。

  • 「国民」は・・・
    ⇒「立法」「司法」「行政」を監視する 
  • 「立法」「司法」「行政」は・・・
    ⇒お互いに監視し合う
しょぼん
しょぼん

この図って学校の教科書でよく載ってるけど、これを見てもいまいちピンと来ないんだよなぁ・・。

モナー
モナー

政治を理解する上で、「三権分立」は避けては通れないよ。

立法?司法?行政?

しょぼん
しょぼん

そもそも「立法」とか「司法」とか「行政」って何なの?

モナー
モナー

ザックリ言うと

  • 立法:
    →「国のルール」を作るところ 
  • 司法:
    →「国のルール」をやぶった国民を裁くところ 
  • 行政:
    →「国のルール」を実行するところ

という感じだよ。

モナー
モナー

とは言ったものの、これだけ説明されてもよくわからないと思うから、順番に説明していくよ。

まず国というのは、大勢の人が集まってできた集合体なわけだよね。

で、国にはいろいろな考えを持つ人がいるので

  • 「これはやっちゃダメ」
  • 「これはこうすべき」

みたいな”ルール”を決めておかないと、みんなが好き勝手して暴力が支配する世界になってしまうよね。

なので「国民が守るべき”ルール”」が必要なわけで、その”ルール”を作るのが「立法」というわけ。

ぶーん
ぶーん

ちなみに、ここでいう”ルール”というのは「法律」のことを指しているお!

「憲法」ではないお!

参考「憲法」と「法律」の違い

モナー
モナー

ただ、”ルール”は作るだけじゃ意味がないんだ。

しょぼん
しょぼん

なんで?

モナー
モナー

”ルール”を破った人を「お前はルールを破ったな!?」と言ってさばく存在がいないと、”ルール”なんて無いに等しいからだよ。

しょぼん
しょぼん

たしかに・・。

モナー
モナー

そこで「お前はルールを破ったな!?」と言って裁くのが「司法」というわけ。

しょぼん
しょぼん

なるほど。

「立法」と「司法」については分かったけど、「行政」ってなんなの?

モナー
モナー

行政は

法律で決められた内容を実行するところ

だよ。

モナー
モナー

行政については詳しく説明すると長くなっちゃうから、詳しくは以下ページを見てみてね。

参考行政とは?

三権分立=おたがいに監視しよう!

モナー
モナー

というわけでここからが本題なんだけど

さっきも言ったように

国は「立法」「司法」「行政」の3つを中心に運営していこうね!

って考えによって運営されてるんだけど、この3つはすごく大きな権力を持っているから危ないんだ。

しょぼん
しょぼん

なんで危ないの?

モナー
モナー

例えば、1人が「立法」「司法」「行政」のトップに立ってしまうと

自分でルールを作り、自分で裁き、自分でルールを実行する

みたいなことができてしまうので

そうすると「アイツは気に入らないから死刑にするか!」みたいなこともできてしまうし、「俺の家を豪華にするために税金を使おう!」みたいなこともできてしまう。

しょぼん
しょぼん

なにそれ怖い。

モナー
モナー

そこで三権分立で出番さ。

モナー
モナー

とどのつまり三権分立というのは

「この3つの機関を中心に国を運営していこうね!」
「そして、この3つの機関が暴走しないように”監視”もしあおうね!」
「あと、国民も3つの機関を一方的に”監視”するようにしようね!」

という考え方のことなんだ。

モナー
モナー

この三権分立の考え方によって、国は運営されているんだよ。

 

 

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました