無所属の候補者は参議院選挙の「比例代表制」に立候補できる?

しょぼん

このページは、

参議院選挙の比例代表制って、
無所属の人でも立候補できるの?

って疑問に思っている人向けのページだよ。

立候補できる?

しょぼん

というわけで、立候補できるの?

モナー

結論から言うと、できないよ。

↓の表のように、衆議院選挙の比例代表と同じく、参議院選挙の比例代表も、無所属の人は立候補できないよ。

「無所属」と「政党所属」の候補者が
立候補できる選挙の種類
  無所属 政党所属
参議院選挙 選挙区選挙
比例代表選挙
衆議院選挙 小選挙区選挙
比例代表選挙

しょぼん

なんでできないの?

参議院の比例代表制って、↓の表のように「候補者名」でも投票できるんだよね?

「選挙の種類」と「投票用紙に書ける名前」
  候補者名 政党名
参議院選挙 選挙区選挙
比例代表選挙
衆議院選挙 小選挙区選挙
比例代表選挙
しょぼん

それなのに投票できないの?

モナー

うん。

そもそも比例代表制って、「少数意見と言えど、政党レベルになるまで民意が集まってるわけだから、国としてはそれを無視するのはダメだよね!」ってことで、小さい政党の意見を取り入れるのが目的だからね。

だから、無所属の人は残念ながら対象外だよ。

しょぼん

それだったら、無所属の人の意見は、なおさら反映すべきじゃない?

「無所属」な人って「他に意見が合う人がいない」から無所属なんでしょ?それってつまり「少数派」ってことでしょ?

だったら、無所属の人も、比例代表制に立候補できるようにすべきじゃないの?

モナー

まぁそれも考え方の1つかもしれないね。間違ってはいないよ。

ただ、無所属の人の意見って、国全体で見ると少数意見すぎるんだよね。

しょぼん

どういうこと?

モナー

例えば、

50%の意見:「Aをした方が良い!」←ここが大きい政党レベル
30%の意見:「Bをした方が良い!」←ここが大きい政党レベル
10%の意見:「Cをした方が良い!」←ここが小さい政党レベル
 8%の意見:「Dをした方が良い!」←ここが小さい政党レベル
 1%の意見:「Eをした方が良い!」←ここが無所属レベル

という場合、「1%の意見まで取り入れるべきか?」と問われると「うーん・・」って感じがするけど、「10%とか8%の意見はちょっとくらい反映しても良くない?」って感じがするでしょ?

「比例代表制」というのは、「この10%とか8%という”ある程度の規模の少数意見”を反映させよう!」というのが目的で作られた選挙制度なんだ。

しょぼん

そうなんだ。

モナー

うん。

だから、残念ながら日本の選挙システムでは、「無所属の人は小選挙区制の方で頑張ってもらおう!」ってことになってるんだよ。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク