議院内閣制とは?

しょぼん
しょぼん

このページでは「議院内閣制ぎいんないかくせい」について紹介するよ。

議院内閣制とは?

しょぼん
しょぼん

議院内閣制ってなに?

モナー
モナー

一言で言うと

行政のトップである内閣総理大臣を国会議員の中から選ぼう!」という制度のこと

だよ。

しょぼん
しょぼん

たしかに国会議員って僕たち国民が選挙で選べるのに

内閣総理大臣って選べないね。

モナー
モナー

うん。

それは日本が議院内閣制だからだよ。

議院内閣制の反対 → 二元代表制

モナー
モナー

議院内閣制の反対で「行政のトップも国民が選挙で選ぼう!」という制度のことを

二元代表制にげんだいひょうせいと呼ぶよ。

しょぼん
しょぼん

それってアメリカの大統領制みたいなもの?

モナー
モナー

厳密に言うと少し違うけど「行政のトップを選挙で選ぶ」という点は同じだね。

モナー
モナー

ちなみに日本は

  • 国の政治:議院内閣制
  • 地方の政治:二元代表制

というふうに両方の制度が採用されているよ。

しょぼん
しょぼん

地方は二元代表制なの?

モナー
モナー

うん。

例えば

  • 熊本県の議員(立法)
    →熊本県民が選挙で選ぶ 
  • 熊本県の知事(行政)
    →熊本県民が選挙で選ぶ

という感じで二元代表制だよ。

モナー
モナー

国の場合は

  • 国会の議員(立法)
    →国民が選挙で選ぶ 
  • 内閣のメンバー(行政)
    →国会議員が選挙で選ぶ

だね。

国会と内閣 → 行政権の行使について連帯して責任を負う

モナー
モナー

議院内閣制では

国会内閣は、行政権の行使について連帯して責任を負う

というルールになっているよ。※1

しょぼん
しょぼん

行政権の行使について連帯して責任を負う

ってどういうこと?

モナー
モナー

国会は「あなたに行政を任せます」と内閣を作り出した親みたいなものなので「お前ら内閣やめろ!」と言える権利がある。

それに対して内閣は

  • 衆議院の解散
    →「だったら衆議院を解散してもう1回選挙しようぜ!そして国民に選挙で決めてもらおうぜ!」と言って衆議院議員を全員クビにできる

  • 内閣の総辞職
    →「わかりましたやめます」と素直にやめる

のどちらかを選ぶ権利ある※2

ということだよ。

しょぼん
しょぼん

うーん・・

「お前ら内閣やめろ!」
 ↓
「わかりましたやめます」

という理屈は分かるんだけどさ。

 

もう一つの

「お前ら内閣やめろ!」
 ↓
「だったら衆議院を解散してもう1回選挙しようぜ!そして国民に選挙で決めてもらおうぜ!」

って理屈おかしくない?

 

これって「やめろ」と言われた腹いせに「衆議院も道連れにしたろ!」みたいなもんじゃないの?

「やめろ」って言われてるんだから素直にやめろよって思うんだけど・・。

モナー
モナー

そんなことないよ。

国会=国民の代表の集まりなので、国民の代表たちから「やめろ」と言われれば内閣はやめないといけないのは当たり前だけど

内閣総理大臣も国民の代表である国会議員なわけなので、内閣が「俺の方が正しいはず!」と思った場合は「衆議院を解散して選挙で国民に信を問うことがしていいよ」ってことになってるからね。

しょぼん
しょぼん

なるほど・・。

てか、なんで解散するのは衆議院だけなの?

参議院は解散しなくていいの?

モナー
モナー

衆議院から「お前ら内閣やめろ!」って言われたら、内閣は「衆議院の解散」「内閣の総辞職」のどちらかを選ぶ必要があるんだけど

参議院から「お前ら内閣やめろ!」って言われても、内閣はやめる必要がないからだよ。

 

  • 衆議院の場合:
    →内閣に対して「おまえら内閣やめろ!」という内閣不信任決議案というのを出せる

    →それに対して内閣は「衆議院の解散」「内閣の総辞職」のどちらかを選ぶ必要がある
    (つまり、衆議院が「おまえら内閣やめろ!」と言えば、内閣を強制的にやめさせることができる)
  • 参議院の場合:
    →内閣に対して「おまえら内閣やめろ!」という問責決議案というのを出せる

    →それに対して内閣は何もアクションを起こす必要がない
    (つまり、参議院には「おまえら内閣やめろ!」と主張する権利はあるが、内閣をやめさせる強制力はない)

 

モナー
モナー

参議院は「なにか事件があったときに備えて常に半分残しておこう」ってことになってるからね。

参考参議院選挙での”改選”とは?

なぜ議院内閣制なのか?

しょぼん
しょぼん

なんで日本って議院内閣制なの?

モナー
モナー

なんでかと言われると「憲法でそう決まっているから」だよ↓。

 

①内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、指名されること(第67条第1項)
②国務大臣の過半数は、国会議員の中から選ばれなければならないこと(第68条第1項ただし書き)
③内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負うこと(第66条第3項)
④内閣は、衆議院の信任を要すること(第69条、第70条)

引用:現行憲法下の内閣制度

 

しょぼん
しょぼん

なんで憲法でそう決まってるの?

モナー
モナー

それは憲法作った人にきいてね。

 

おわり

 

※1:日本国憲法第66条:内閣は、行政権の行使について、国会に対し連帯して責任を負ふ。

※2:日本国憲法第69条:内閣は、衆議院で不信任の決議案を可決し、又は信任の決議案を否決したときは、十日以内に衆議院が解散されない限り、総辞職をしなければならない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました