社会主義・共産主義の違い

しょぼん
しょぼん

このページでは、

 

「社会主義」と「共産主義」について、かんたんに紹介するよ。

「社会主義」とは?「共産主義」とは?

しょぼん
しょぼん

「社会主義」と「共産主義」ってなに?

モナー
モナー

どちらも「みんな平等であるべきだ!!」という考え方のことだよ。

 

・社会主義・・・共産主義へ移行するための”過程”
・共産主義・・・社会主義の進化系

しょぼん
しょぼん

どっちも同じじゃないの?

モナー
モナー

似てるけど微妙に違うよ。

モナー
モナー

ちなみに、「社会主義」や「共産主義」と対極にあるのが「資本主義」だよ。

違い

しょぼん
しょぼん

2つの違いはなに?

モナー
モナー

かんたんにいうと、次のように違うよ。

社会主義・・・「みんな平等であるべきだ!!」という考えのこと

共産主義・・・「みんな平等であるべきだし、平等に疑問を持つ人すら無くしてしまおう!!」という考えのこと

 

しょぼん
しょぼん

・・・。

 

どっちも同じじゃないの・・?

モナー
モナー

基本的には、「社会主義」でも「共産主義」でも、

  • 「給料はみんな同じにすべきだ!」
  • 「仕事は政府が与えるべきだ!」

みたいな考えだったりするんだけど、”平等”という概念のレベルが違うんだ。

モナー
モナー

例えば、以下のように、給料が同じな2人がいたとしよう。

  • Aさん・・・キツイ仕事(月収20万円)
  • Bさん・・・楽チンな仕事(月収20万円)

※どちらも政府から与えられた仕事だとする

モナー
モナー

この場合、もし君がAさんの立場ならどう思う?

しょぼん
しょぼん

そうだなぁ・・。

 

「Bさんと同じ給料なのはオカシイ」
「僕の方がキツイ仕事してるのに・・」

って思うかも・・。

モナー
モナー

そう思うよね。

 

「社会主義」や「資本主義」の社会では、そのような不満は出るんだ。

 

でも「共産主義」の社会では、そのような不満は出ないんだ。

しょぼん
しょぼん

なんで?

モナー
モナー

「共産主義」では、もはや意識レベルで「お金持ちってなんだっけ」みたいな状態になっているから、そもそも「なんでアイツらと一緒の給料なんだ」みたいな不満すら出ないんだよ。

 

なぜなら「富は分け合うのが普通でしょ」という考えが、すべての国民に深層意識レベルで刷り込まれているからね。

しょぼん
しょぼん

でも「キツイ仕事」と「楽チンな仕事」だと、不満を言う人は出てくるんじゃ?

モナー
モナー

出ないよ。

モナー
モナー

なぜなら

  • 「どちらも仕事ということに違いはないでしょ?」
  • 「だから平等だよね!」

という考えになるからね。

しょぼん
しょぼん

なるほど・・。

モナー
モナー

「共産主義」では、富の分配機能の役割を担っていた”政府”の存在すら、不要になった状態と言えるよ。

しょぼん
しょぼん

完全なる平等 = 共産主義

 

なんだね。

しょぼん
しょぼん

じゃあ「社会主義」ってなんなの?

モナー
モナー

「社会主義」というのは「共産主義」という理想形に近づくための”過程”だよ。

モナー
モナー

つまり、

 

「共産主義って素晴らしいよね」
「でも、いきなり共産主義に移行するのはムリだよね」
「だから、社会主義を経由して共産主義を目指そう」

(資本主義 → 社会主義 → 共産主義)

 

みたいな話だよ。

モナー
モナー

だから「社会主義」を一言で言うなら

 

基本的には「みんな平等だよ」という考えだけど、”平等”ということに不満に持つ人がいる

 

みたいな状態のことを言うよ。

まとめ

社会主義・・・「みんな平等であるべきだ!!」という考えのこと

共産主義・・・「みんな平等であるべきだし、平等に疑問を持つ人すら無くしてしまおう!!」という考えのこと

おまけ)共産主義を目指している日本の村

モナー
モナー

僕も最近読んだんだけど、以下の本を読むと、「共産主義な村だとどんな生活をすることになるのか?」が分かるよ。


Amazon:カルト村で生まれました。

しょぼん
しょぼん

カルト村?

日本の話なの?

モナー
モナー

うん。

平成生まれな日本人が、日本のとある村で体験した実話だよ。

しょぼん
しょぼん

この本が、「共産主義」や「社会主義」となにか関係があるの?

モナー
モナー

うん。

 

「カルト村で生まれました。」というタイトルだけど、

「共産主義な村で生まれました。」というタイトルでも不思議ではない内容なんだ。

▲本の一部抜粋(最初から最後までこんな感じのマンガで構成されています)

しょぼん
しょぼん

へー・・日本にもそんな村があるんだね・・。

モナー
モナー

うん。

 

「共産主義がどんなものなのか見てみたい!」という人は読んでみると良いよ。

 

ちなみに、この本で登場する村は、「幸福会ヤマギシ会」という団体が経営している村らしいよ。

 

この記事の内容は、とてつもなくザックリした内容です。

なので、この記事の内容を参考にして、自分で調べて理解を深めてみて下さい。

コメント