小選挙区制・中選挙区制・大選挙区制の違い

しょぼん

この記事では、

  • 小選挙区制
  • 中選挙区制
  • 大選挙区制

の違いについて、それぞれの紹介するよ。

違い

しょぼん

次の3つの違いってなに?

  • 小選挙区制
  • 中選挙区制
  • 大選挙区制

モナー

「1つの選挙区から何人当選するか」という違いだよ。

  • 小選挙区制・・・1つの選挙区(狭い)から1人だけが当選
  • 中選挙区制・・・1つの選挙区(広い)から2人以上が当選
  • 大選挙区制・・・1つの選挙区(すごく広い)から2人以上が当選

しょぼん

「中選挙区制」と「大選挙区制」って同じじゃないの?

モナー

「中選挙区制」は「大選挙区制」の一種だよ。

一般的に、

  • 中選挙区制・・・1つの選挙区(広い)から2~5人以上が当選
  • 大選挙区制・・・1つの選挙区(すごく広い)から6人以上が当選

という風な意味で使われることが多いよ。

でも、「~~~という定義だ!」という確立された定義があるわけじゃないよ。

しょぼん

そうなんだ。

モナー

そもそも「中選挙区制」なんていうものは、日本独自のモノだからね。

まぁ、もうややこしいから、

「中選挙区制も大選挙区制も同じようなものだ!」
「日本はすべて中選挙区制だ!」

って覚えておけば良いと思うよ。

メリット・デメリット

しょぼん

それぞれのメリット・デメリットは?

モナー

次の表の通りだよ。

  メリット デメリット
小選挙区制

・政権が安定しやすい
(大きい政党ほど勝ちやすくなるため)

・選挙に投入される税金が安い
(候補者は狭い選挙区で選挙活動すれば良いため)

・死票が多い
(例えば、A候補:51票 B候補:49票という具合にA候補が勝った場合、B候補の49票は死票になってしまう)

・小さい政党が勝ちにくい
(少数派の民意が反映されにくい)

中選挙区制

・死票が少ない
(多くの民意が反映される)

・小さい政党も勝ちやすい
(少数派の民意が反映されやすい)

・選挙に投入される税金が高い
(広い範囲で選挙活動しなければいけないため)

・同じ政党内での派閥争いが強くなってしまう
(1つの選挙区から同じ政党の候補者が複数人立候補するため)

・政権が安定しにくい
(1つの選挙区から同じ政党の候補者が複数人立候補するため)

大選挙区制
しょぼん

「小選挙区制」と「中選挙区制」「大選挙区制」は、
メリット・デメリットが反対になるんだね。

モナー

うん。

ちなみに、

・衆議院選挙では「小選挙区制」
・参議院選挙では「中選挙区制」

がそれぞれ採用されているよ。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク