地方公共団体における「条例」と「規則」の違い

しょぼん

このページは、「地方公共団体」における「条例」と「規則」の違いについて説明したページだよ。

「条例」と「規則」とは?

しょぼん

「条例」と「規則」ってなに?

モナー

どちらも、「地方公共団体」の中で守らないといけない”ルール”のことだよ。

例えば、

  • 「東京都民」は、「東京都」の「条例」と「規則」を守る必要があるよ。
  • 「大阪府民」は、「大阪府」の「条例」と「規則」を守る必要があるよ。
  • 「北海道民」は、「北海道」の「条例」と「規則」を守る必要があるよ。
  • ・・その他いろいろ

という感じだよ。

しょぼん

ルールを破るとどうなるの?

モナー

捕まったり、お金を払わないといけなかったりするよ。

「条例」と「規則」の違い

しょぼん

「条例」と「規則」ってどういう違いがあるの?

モナー

違いを次の表にまとめてみたよ。

条例 規則
作る人 議会
(例:都道府県議会、市町村議会)
首長
(例:都道府県知事、市町村長)
罰則 ・2年以下の懲役又は禁錮
・100万円以下の罰金
・拘留
・科料
・没収
・5万円以下の過料
・5万円以下の過料
制限・義務を課せる権利  ○

ルールの強さ

しょぼん

ルールの”強さ”としては同じ?

モナー

ルールの強さは、

条例 >= 規則

という関係になるよ。

しょぼん

基本的には同じ強さだけど、場合によっては「条例」の方が強くなることがあるってこと?

モナー

うん。

なぜ「基本的には同じ強さ」かというと、どちらも「地方の代表」が決めたルールだからだよ。

  • 「条例」をつくる「議会議員」は僕たちが選挙で選んだ「地方の代表」でしょ?
  • 「規則」をつくる「首長」も僕たちが選挙で選んだ「地方の代表」でしょ?

しょぼん

なるほど。

でも、場合によっては「条例」の方が強くなることがあるの?

モナー

うん。

なぜかというと、

  • 「○○してはいけない!!」
  • 「○○しないといけない!!」

みたいな「制限」「義務」を課すルールについては「規則じゃなくて条例で決める必要がある」ってことになってるからだよ。※1

だから、”ルールの強さ”という意味では「条例」の方が強いよ!! ってことだよ。

しょぼん

じゃあ、「規則」だと、「制限」や「義務」を課すルールは作れないの?

モナー

いや、作ることはできるよ。

けど、その場合、「制限」や「義務」を課すルールの部分は、「条例に任せなさい」ってことになってるんだ。

※注:一般的に法令の中では「任せること」を「委任する」と呼びます

しょぼん

じゃあ、「規則」で「制限」や「義務」を課すルールの部分は、

規則「○○というルールを作ります!! △△については□□条例に委任するよ!!」

△△:「制限」や「義務」を課すルールの部分

という感じにすれば良いの?

モナー

うん。そうだよ。

罰則

しょぼん

「条例」の方が、いろいろな罰則を与えることができるんだね?

モナー

うん。

というか、「刑罰」の有無が違うんだ。

  • 条例:刑罰あり
  • 規則:刑罰なし(5万以下の過料のみ)

しょぼん

「5万円以下の過料」って「刑罰」じゃないの?

モナー

これは「行政処分」と言って、「刑罰」ではないんだ。

立法の権利?

しょぼん

「条例」とか「規則」って、「地方公共団体」の中での「法律」みたいなものでしょ?

「法律」をつくれるのって、「国会」だけじゃなかったの?

なんで「地方公共団体」でも「法律」みたいなものが作れるの?

モナー

なぜかというと、「地方公共団体」の「議員」も「首長」も、「住民」が選挙で選んだ「住民の代表」だからだよ。

「地方には地方独自の問題があったりするから、自分たちで独自のルールを作って解決しよう!!」って「地方自治法」っていう法律で決まってるんだ。

おわり

※1:地方自治法の14条より引用:
「普通地方公共団体は、義務を課し、又は権利を制限するには、法令に特別の定めがある場合を除くほか、条例によらなければならない。」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク