ミャンマーのロヒンギャ問題とは?

しょぼん

このページでは、ミャンマーでの「ロヒンギャ問題」について、わかりやすく紹介するよ。

ロヒンギャとは?

しょぼん

そもそも「ロヒンギャ」ってなんなの?

モナー

ミャンマーにいる「少数派のイスラム教徒」のことだよ。
人口は100万人くらいいるよ。

しょぼん

鳥取県の2倍くらいの人口か。

ロヒンギャ問題とは?

しょぼん

ロヒンギャ問題ってなに?

どういうことが問題にされてるの?

モナー

ロヒンギャの人たちに対して、

  • 銃で撃ち殺したり、
  • 家を焼いたりしたり、

と、ミャンマーの治安部隊(軍隊のこと)がヒドイことをしていることが問題になっているよ。

モナー

そのせいで、ロヒンギャの半数以上(50万人以上)が、「このままじゃ殺されちゃうし、食べ物も住むところもない!」ということで、バングラデシュへ国外避難していたりして、人道危機が起きているんだ。


▲ロヒンギャの避難民キャンプ(バングラデシュ国境)

ぶーん

人道危機というのは、「本来国が保障するべき自国民のいろいろな権利などが、何等かの理由で侵害されている危機的な状況のこと」だお!

なぜ?

しょぼん

なんでミャンマーの治安部隊は、そんなヒドイことをするの?

モナー

経緯は次のような感じだよ。

元々、ロヒンギャは、ミャンマー国内で「お前らはミャンマー国民じゃない!」と差別されていた。

それに反発したロヒンギャの武装勢力たちが、「差別するな!」と度々、反発を起こしていた。

そして、2017年8月25日に、「我慢の限界だ!」と怒ったロヒンギャの武装勢力たちが、ミャンマー政府の軍や警察の施設などを一斉に襲撃した。

襲撃されたミャンマーの治安部隊は、「こうなったらロヒンギャの武装勢力を全員ブチ殺したろ!」と掃討作戦を開始した。

その作戦によって、「ロヒンギャの武装勢力」 vs 「ミャンマーの治安部隊」の戦闘が激化した。

その戦闘のせいで、ロヒンギャ民は、大量に殺されたり、家を燃やされたり、ヒドイことに巻き込まれている。

しょぼん

つまり、ロヒンギャ問題は、ロヒンギャの武装勢力たちが、ミャンマー政府の軍や警察の施設などを一斉に襲撃したのが発端なのか。

なぜ差別(迫害)されているのか

しょぼん

そもそもなんで、ロヒンギャの人たちは、ミャンマー国内で差別されているの?

モナー

ミャンマーの国民たちは、ロヒンギャの人たちに対して、

  • 「不法移民だ!」(第2次世界大戦の後に勝手に入ってきたやつだ!)
  • 「宗教が違う!」
  • 「見た目も違う!」
  • 「だから、ミャンマー国民じゃない!ミャンマーから出て行け!」

というようなことを差別の理由にしているよ。

しょぼん

なんか、くだらない理由で差別されてるんだね・・。

モナー

そうなんだけど、差別意識の根底にあるのは、

  • 「ロヒンギャが自分たちの権利がおびやかすのじゃないか?」
  • 「自国が侵略されるんじゃないか?」

という恐怖心らしいよ。

しょぼん

ロヒンギャの人たちに、そういう考えはあるの?

モナー

それは分からないよ。

モナー

ちなみに、ロヒンギャの人たちは、

  • 「アラカン王国の時代(大昔)から住んでいる!」(第2次世界大戦ではビルマ兵(日本兵)と戦った!)
  • 「だから私たちもミャンマー国民だ!」

と反論しているよ。

ロヒンギャは国籍すら与えられていない

モナー

1982年に「国籍法」という法律が作られたんだけど、この法律の中でも、「ロヒンギャは国民として認めない!」ということになっているんだ

だから、ロヒンギャの人たちは、ミャンマー国民としての「国籍」を与えられていないんだよ。

しょぼん

え?そうなの?

じゃあ、ロヒンギャの人たちって「不法移民」みたいな扱いなの?

モナー

そうだよ。

そんなこともあって、差別意識は強いんだと思うよ。

民主化のせいで差別意識増加

しょぼん

「民主化」と「差別」がどう関係があるの?

モナー

順番に説明するね。

ミャンマーは昔、軍が「こうしよう!ああしよう!」と政権をにぎっていたんだ。(軍事政権)

それで今現在、国家顧問である「サウン・サン・スー・チー」という人が、「国民による政治を行うべきだ!」と言って、民主化したんだ。

しょぼん

確か、その功績が評価されて、「ノーベル平和賞」という賞をもらったんだよね。


▲ミャンマーの国家主席「サウン・サン・スー・チー」氏

モナー

うん。

民主化のお陰で、国民は「言論の自由」を得たんだけど、そのせいで、ロヒンギャに対する差別を口にするようになったんだ。(ヘイトスピーチ)

それが差別意識が強化されている原因の一つでもあるよ。

ミャンマー国民の差別意識を象徴した事件

モナー

ミャンマー国民のロヒンギャに対する差別意識を象徴する事件として、

ミス・ユニバース(簡単に言うとキレイな人を決める大会)のミャンマー代表が起こした、ロヒンギャ批判の事件があるよ。

ミャンマー国民は「ロヒンギャ」という名前すら嫌っている

モナー

ミャンマー国民は、「ロヒンギャ」という名前すら嫌っていて、彼らの前でロヒンギャの名前を口にすると、露骨に嫌な顔をするらしいよ。

しょぼん

なんで?

モナー

彼らに言わせれば、

  • 「あいつらはロヒンギャじゃない!」
  • 「ベンガル人だ!」

ということらしいよ。

しょぼん

ベンガル人?

モナー

うん。

つまり、「ベンガル人=バングラデシュなどに住んでいる人」だから、「ミャンマーの国民じゃないだろ!」出ていけよ!」ということを言いたいんだと思うよ。

国際社会と国民からの板挟み

しょぼん

「サウン・サン・スー・チー」さんがどうにかできないの?

ミャンマーで一番偉い人なんでしょ?

「差別をやめなさい!」って指導できないの?

モナー

「サウン・サン・スー・チー」氏は、国民の絶大な支持を得て、国のトップに登りつけたわけだから、「ロヒンギャは差別すべき!」と言っている国民のことは無視できないんだ。

ロヒンギャの差別をなくすような政策をすると、すぐに「辞めろ!」と反発が起こっちゃうからね。

しょぼん

国のトップと言えど、国民の意思に反したことはできないんだね・・。

モナー

更に、「サウン・サン・スー・チー」氏には、ミャンマー軍を指揮権が与えられていないんだ。

だからそもそも、軍をコントロールして「迫害をやめなさい!」と命令することはできないんだよ。

しょぼん

え?

じゃあ混乱を抑えるのはムリじゃ・・?

モナー

そう。ムリなんだよ。

だから、この混乱を抑えるには、憲法を変えたり、法律を変えたり、いろいろとやらないといけないことが多すぎるんだ。

でも、国際社会からは「ロヒンギャ差別をどうにかしろ!」と言われているし、「サウン・サン・スー・チー」氏からすると、「板挟み状態だ!どうすりゃいいんだ!」という感じなんだよ。

しょぼん

「サウン・サン・スー・チー」さん、大変なんだね・・。

解決の糸口

モナー

そんなこんなで、「サウン・サン・スー・チー」氏は、ロヒンギャ問題を解決するために、「ロヒンギャ問題解決のための諮問委員会」というのを作ったんだ。

モナー

そして、その委員会で、ロヒンギャの人たちに対して

  1. 教育・医療を受ける権利の保障しよう!
  2. 隔離をやめて移動の自由を認めよう!
  3. 一定期間の居住で国籍を与えよう!

という3つの方針を立てたんだ。

しょぼん

でも、そんな方針に、国民は納得しないんじゃ?

モナー

うん。

でも、この委員会には「コフィ・アナン」という元国連事務総長も加わっているんだ。

だから、国民に対しては「この方針は国連事務総長を務めた人の意見も加わっている!つまり世界の意思が加わっていると言っても過言じゃない!だからこの方針に賛同してくれ!」ということを主張しているよ。

しょぼん

なるほど。

「自分の意思じゃないよ!世界の意思だよ!」という建前が作れたわけか。

モナー

そう。

あと、この3つの方針を一気に実行すると、さすがに国民からの反発が大きいだろうから、「サウン・サン・スー・チー」氏は、「政権発足から18ヶ月では、ロヒンギャ問題を解決するのはムリだ!もっと長い目で見てくれ!」と言っているよ。

政権発足から18ヶ月では、ロヒンギャ問題を解決するのはムリだ!もっと長い目で見てくれ!

モナー

つまり、長い期間をかけて、ゆっくりと3つの方針を進めていくつもりにしているらしいよ。

僕たちにできること

しょぼん

ロヒンギャの人たちに対して、僕たちにできることって何かあるの?

モナー

個人ができることと言えば「募金」くらいかな。

「ロヒンギャの人たちを支援したい!」という人は、次のページなどから募金すると良いかもね。

おわり

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク